YYC(ワイワイシー)で彼氏の居る女性をホテルに連れ出

彼氏がいる女性を誘うには、兄と妹のような存在を目指す

彼氏のいる女性を自然な流れでホテルへ連れ出すにはまず信用が第一だと思います。

 

今の世の中は出会いサイトのニーズが増えてきたこともあり、色んな人とのコンタクトが可能でもある時代です。
そういった社会になったことから人間性もだいぶ変わってきたものだと感じています。

 

昔は男社会で女は一歩引いた感じが主となっていた時代。
分かりやすくも簡単に言うと今と昔では彼氏がいる女性をホテルへ誘える可能性も女性側の心理や思考も変わってきていると思います。

 

昔より今の方がオープンになっていて、例え彼氏がいるのにだとか浮気だとか重くとらえなくなっているんじゃないかと感じます。
そんなことから今は彼氏がいる女性をホテルへ誘うには信用さえしっかりとあたえておけば流れでそういうことになれるということです。

 

交渉術というかあくまで私の考えでアドバイス的な話にもなりますが信用を取得するにはまずは自分に余裕を持つこと。
男は単純といわれていますが彼女にしたいだとか、なにかをしたいとなるとイノシシのように突進したり、あれやこれやとためしたりと自分を見失いがちです。
(失敗は成長の秘訣なので、行動しない人よりも1000倍有益ですけどね。)

 

なので目的はあってもまずは落ち着いて考えて余裕を持って行動した方が目標を達成する確率もあがるんではないかと思っています。

 

分かりやすい例としては既婚男性がモテる理由としてあげられるのが大人の余裕を感じるからだとかって言われてますよね。
それを聞いて分かるように策を練る前にまずは余裕を持って接すること。
それを踏まえて考えるとまずは普通に友達とし付き合い、食事したりしながらも聞き手にまわりまずは彼氏の情報をそれとなく聞きましょう。
聞き手に回ることで彼女からしたら安心感や満足感を得られる為、高印象を与え食事やお茶する機会も自然と増えることでしょう。
そういう付き合いをしていると彼氏の愚痴やそういう話にもなるし、それを聞き手にまわってずっと聞いてあげることにより自然と彼女のタイプが分かってきたりします。

 

もし、彼女が話し上手じゃない場合は世間話から始めて話をリードさせ聞き手でいながら緊張をほぐしてあげれば話し上手でない女性であっても慣れてくれば話してくる人がほとんどなのでそうなったら聞き手に回ればいいかと思います。

 

もう一点は余裕のところで自分には彼女がいるていで接することをお勧めします。
少しでも彼女に好意があるなと思われればその時点で彼女の立場が上になり自然な流れで誘えなくなります。

 

というのは彼女も意識してしまい、色恋沙汰をイメージされ付き合う付き合わないの判断から男女の関係を考える感じになるからです。
なのでそういう雰囲気にならない為に始めから自分自身に彼女がいる感覚で接したり、もっと言うと妹的な考えを持って接すればいいかと思います。

 

あくまで相手に好意をもっていると思われない為ともうひとつのメリットとしては魅力として感じられることです。

 

男性は下心があると誰しも女子が思っていますがそれさえも感じさせずにいながらも親身になって話を聞いてくれたりすると物足りなさを感じたりする生き物です。

 

理想としてはそういう男性像に向かい、彼女と接するにしても意識して接すれば自然と兄と妹みたいな関係になり事あるごとに相談されたり、彼氏以外に頼りにされる存在になります。

 

兄と妹の関係である以上は彼女も貴方に好意を抱くこともなく、お互いに自然な形で付き合っていけます。
好意を抱かれたりすると欲望からか会う機会が増えたりだとか、彼氏にバレただとか面倒な問題に繋がりかねないのでそこは注意点で好意を持ってると思われるのもいけないけど持たせてしまってもいけないってことです。

 

ここまでの事を実践して本当に兄と妹みたいな関係になれるほど信用を得られればあとは自然な形でホテルへ誘えたり、誘われたりその時の流れで自然に出来ると思います。
彼女からしたら良き理解者で頼れる兄としか思っていないことから男女の関係になった後にしても自然と以前のような形で付き合って行けると思います。

 

  • 基本は聞き手に回る。
  • 兄と妹のような関係を理想とする。
  • 余裕を持つ。
  • 好意を持たれてもいけないし、持っていると思われてもいけない。

 

まとめるとこんな感じになりますが結構根気と努力が必要となるのでゆっくりと関係を築き上げていければ良いかと思います。